『仕事の為の生活』と『生活の為の仕事』仕事メインの生活の中で考えること

好きなことを夢中でやっていたら収入を得れる仕事となっていたというのは、誰もが理想としますよね

毎日好きなことばかりしているだけで生活が成り立つなんて、どんなに嬉しいことでしょう

しかし、実際は仕事が好きで楽しいという人もいれば、生活のために仕事をしている人もいます

何となく就職して、生活のために仕事をしている

仕事のやり甲斐よりも、生活重視で生きていく上で必要なお金を稼げればそれで良いという人もいることでしょう

どちらが悪いというわけではなく、仕事が忙しい毎日を過ごしていると、ふと仕事のあり方を考えてしまいます

スポンサーリンク

侵食してくる仕事

私はやりたいと思っていた仕事をしているので、それなりにやり甲斐を感じていますが、しなくてよければしたくないと思っています

仕事があるから充実した毎日や、生活を送ることが出来ることも理解しています

しかし、仕事が忙しくなってくると会社を出てからも仕事のことが頭から離れないし、朝起きて1番にその日のやるべき仕事の内容を整理しています

残業もしていれば四六時中、仕事のことばかり考えていることになり、その上で家のこと、子供のお世話となると常に頭の中が忙しい状態です

『何でこんなに疲れているんだろう?』と好きだったはずの仕事も行きたくないものになってしまっています

それに家でもピリピリ、カリカリした状態で雰囲気が良いとも言い難いです

大事だから手を抜けない

『鶏が先か、卵が先か』と同じ様なもので、仕事があるから生活ができるし、きちんとした生活があるから仕事ができるものです

仕事は生活をしていく上で切っても切り離せないもので、人生のメインにさえもなり得ます

人生の時間の大半を費やす事だからこそ、仕事で成功したい、人に認められたいなど、強い想いがある人も多いことでしょう

生活のために必要不可欠だったり、やるべき事への使命感から、どんなに忙しくても達成まで無理をしてでも頑張ってしまいます

多少の無理をしても、自分の限界を知りセーブしたり、家庭への影響を考えることが出来れば良いと思います

そうでなければ、まわりを巻き込みながら大事なものを失っていく可能性もあります

何が一番大事かを考える

男性は家庭を支え、一家の大黒柱として仕事を第一に考えている人も多いですよね

そうでなくても人生において仕事に没頭する時期も必要だと思います

しかし、仕事が第一で家庭や身体を壊してしまっては、何のために仕事をしているのか分からなくなってしまいますよね

私は離婚を経験していて、離婚理由はいろいろありますが、離婚の要因に元夫の仕事に対する考え方も含まれています

元夫は仕事や家族以外が第一、家庭は二の次という人で、離婚前は元夫も私も仕事関係の事に振り回され生活も成り立たなくなっていました

その仕事に元夫は『辞める』という選択をしましたが、男の人にとって『人生をかけた仕事を辞める』というのは相当な覚悟が必要だったのではないかと思います

それでも、仕事は変えることができますが、自分の代わりはいません

身体を壊したり、心が病むほど仕事をする必要はないと思います

家族あっての仕事

家庭や生活を大事にしたいと思っているけど、仕事の状況を考えると出来ない!仕事第一に決まっているじゃないか!という人もいますよね

仕事も生活をしていく上で大事なものですが、それでも私の主観としては『仕事メインの生活はいやだ!』と思ってしまいます

好きな仕事を出来る有り難さもありますし、今の生活を続けていくための基盤でもあります

それを理解した上で、家族との生活を守るための仕事でありたいと思っています

仕事への割り切りと、効率の良いやり方を追求していけたらと思います

読んでいただき、ありがとうございます

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − 12 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください