夫と離婚について会話!パートナーが浮気をした場合どういう行動をとるか

結婚をして幸せな毎日を送っていると、不倫や離婚など自分とは縁遠いもののように感じます

しかし、浮気や離婚は自分が知らないだけで意外と身近なものだったりするんですよね

芸能人の不倫報道はよくありますが、身近なところでも同級生が浮気していた、職場の同僚の不倫を目撃してしまった、などまわりに既婚者が増えてくると耳にする機会も増えてきました

不倫や浮気は、当事者は恋に浮かれて楽しいものかもしれません

でも、そのまわりの人にしてみれば哀しみや憎しみ、苦しい気持ちなどマイナス要素しかありません

スポンサーリンク

浮気は築き上げたものを壊す

夫の友人が久しぶりに会ったら離婚をしていたそうです

夫の友人で離婚なんて珍しいので話を聞いていると、奥様が友人の収入に不満があり離婚を切り出し慰謝料を請求してきたそうです

しかし、その友人の方が探偵を雇い調査したところ、奥様には浮気相手がいたようです

私も結婚前に夫ではありませんが、浮気をされたことがあります

パートナーの浮気を知った瞬間から、その相手の人間性を疑い、それまで築き上げた信頼や愛情が全て嘘だったのではないかと感じます

それまでの生活が嘘のように思えてくると、それからの生活も一緒にやっていけるのか、そして信用していけるのか不安が大きくなります

浮気をして離婚をする人も、しない人もいますが、どちらにせよ浮気によって失うものは大きいです

夫にとっては浮気はあり得ないこと

友人の話を聞いてきた夫は酷い話だと憤慨していて、私も同じように思いました

しかし、浮気の出来る状況下だったとして本当に浮気へ踏み出さない人がどれほどいるのだろうか?とも思ってしまいます

私は離婚を経験していて、夫とは再婚になります

結婚する際に、義両親に『元夫とよりが戻ったりしないのか?』と心配されました

私のそういう可能性を疑うのは、夫に『浮気はしないのか?』と聞いているのと同じことだと返事をしました

相手が元パートナーか他人かの違いしかなく、相手を裏切るかもしれないという立場は同じです

夫はその返事に、自分が浮気だなんて考えたこともなかったという表情で、可能性を言われたことさえ心外だったようです

夫にとって浮気は、時間もお金もかかるので面倒な事なんだそうです

その返事に対し言及しませんでしたが、誰かを『好き』と思う気持ちと、面倒さは別物ではないのか?と思うのは、私が女だからでしょうか

浮気=離婚か

浮気が発覚したわけでも、離婚を切り出されたわけでもないのに『夫が浮気したら自分はどうするだろう?』と考える時があります

夫を信用していないわけではありませんが、昔付き合っていた人が浮気をしたので可能性を捨てきれないのかもしれません

もし、夫が浮気をしたら1度であれば許すかもしれません

今まで片鱗も無かった人なだけに、信用できなくなり別れるかもしれません

独身時代に浮気をされるのと、結婚して子供もいる状態で浮気をされるのは、受ける衝撃の度合いも違うのではないかと思います

離婚か継続か、どちらを選ぶにしても子供の幸せ、自分の幸せを考えて選択します

余計な考えで関係も良好に

頻繁に『夫が浮気しているかも!?』と疑心暗鬼になると、相手を信用出来なくなるので良くありません

しかし、たまに可能性を考える分には良い方向へ作用することもあります

結婚生活に慣れてくると、相手に対して傲慢になったり怠慢な態度を取ってしまう人は少なくないはずです

浮気はパートナーや家庭に不満があり、その足りない気持ちを埋めるためにするものだと思っています

パートナーの浮気の可能性と自分のパートナーに対する姿勢を考えると『今の状態だと浮気されても仕方ない』と思えてしまう瞬間もあります

『パートナーが浮気をしたら?』なんて余計な考えかもしれませんが、自分の気付きにしていけたらと思います

読んでいただき、ありがとうございます

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − fifteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください