再婚後の家族旅行!今の家族と元夫との子供も一緒に旅行がしたい!

長期連休には家族旅行へ行く家庭は多いですよね

離婚をすると、元パートナーを含めた家族での旅行は減り、もしくは全くしなくなったりします

旅行どころか、お出かけさえも『元パートナーとはしたくない』という人は多いのではないでしょうか

しかし、元の家族で旅行はしなくても、我が子とは一緒に旅行をしたり、たくさんの思い出を作ってあげたいものです

私も離婚をして、元夫の元に2人の子供がいます

再婚をして、今の家族とも、元夫の元にいる子供たちとも旅行に行けたらと思っています

スポンサーリンク

再婚後の家族旅行は悩みどころ

再婚をして、今の家族と元夫の元にいる子供と一緒に旅行がしたいなんて、なんともワガママな思いですよね

夫と子供とゆっくり家族旅行をしたい!

離れて暮らす子供にも会いたいし、いろいろな所へ連れて行ってたくさんの経験をさせてあげたい!

離婚をして子供と離れて暮らす親は、そんな風に思っている人は多いのではないでしょうか

しかし、子供ときちんと会えていなかったり、今のパートナーに遠慮して言い出せない人も多いと思います

私の場合は、夫が子供の事に関しては理解のある人ですが、それでも家族旅行の提案は毎回悩むものです

・再婚後の家族旅行に元夫との子供も一緒にお出かけ!夫の承諾は緊張の一瞬!?

異家族でも楽しい時間

結局、今年も夫にお願いして元夫の元にいる子供も含めたお出掛けと、今の家族とのお出掛けと2回しました

元夫の元にいる娘も中学生になり、お休みの日は何かと予定があってハードスケジュールではありましたが、凄く楽しそうにしていました

元夫との上の娘と夫との下の娘は、会うのを楽しみにしていて一緒にいるとキャアキャア言って騒いでいます

側から見ると一見普通の家族のように見えるくらい楽しい時間になっていると思います

でも、やっぱり上の娘は自分の父親である元夫を含めた家族旅行をしたいのではないかとも思います

もう少し、元夫がアクティブな人だったらと思わずにはいれません

親に諭される

我が家にとって私の元夫との子供を連れてお出掛けやプチ旅行は当たり前のことになりつつあります

しかし、この状況に不満のひとつも言わずに許容してくれる人がどれほどいるでしょうか

旅行の話を私の母にすると、母は夫の優しさに凄く感謝していました

『『当たり前』ではないし、出来る人はなかなかいない、(夫に)感謝しなさい』と改めて諭されました

今までしてくれているから、これから先も当然してくれるものと思いつつありました

でも、そうではないんですよね

毎回、みんなで楽しい時間を過ごせるのは夫の厚意の上に成り立っているものであり、感謝を忘れてはいけないものです

夫にとって、これが大したことか、そうでないことかは夫にしか分かりませんが、きちんと感謝を口に出していこうと思いました

子供のための環境

私は元夫の元にいる子供と、お互いに会いたい時に会えて、子供同士が仲良くなれる環境を作りたいと思ってきました

旅行から帰ると娘が『お父さん!連れて行ってくれてありがとう!』とお姉ちゃんと遊んで楽しかったようで自らお礼を言っていました

子供のために、いつでも会えるように普通ならしないような事も何でも有りの環境を作ってきて良かったと思います

夫は子供からのお礼には嬉しそうで、私の母からの感謝には『当たり前でしょ』といった感じでした

そんな夫と、夫もいるのに一緒に行ってくれる上の娘に感謝しています

読んでいただき、ありがとうございます

スポンサーリンク

コメント

  1. acco より:

    いつも拝読しています。
    もし元夫さんから旅行に誘われたら行きますか?行くとしたら下のお嬢様も一緒に連れて行きますか?

    • hana より:

      コメントありがとうございます。
      元夫から旅行に誘われたら行くか?という問いですが、泊まりでなければ行きます。
      泊まりであれば行きません。
      その際、下の娘は上の子が『家族旅行』として家族だけで行きたいかもしれないので上の子次第で連れて行くかどうかを決めます。

      せっかくの旅行、子供のためにお泊りでも行きたいところですよね。
      しかし、自分は元夫とは絶対に何も無いと確固たる自信があったとしても、夫の信頼を損ないかねない事はしません。
      今の子供との環境を築けているのは全て夫との信頼関係の上に成り立っていると思うからです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen + eighteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください