義両親の愚痴を夫に言うのか?自分は言っても人から言われたくない


結婚生活においてパートナーの両親や兄弟と上手く付き合っていけるかどうかは大事なことですよね

パートナーが家族を大切にしている人であれば義両親と上手くいかなければ最悪離婚へと繋がってしまうこともあります

しかし、どんなに仲良くなれたとしても嫌な部分のひとつやふたつは出てくるものです

親密な関係を結ぶことが出来れば尚更、お互いに色々な部分が見えてくるものではないでしょうか

マイナス感情が出てくることは仕方のない事で、そのマイナス感情をどう減らしていくか?どう解消していくかが関係を続けていく上で重要になってきます

スポンサーリンク

夫の愚痴

不満の解消方法で1番簡単なのが愚痴ではないでしょうか?

誰かに不満を聞いてもらえると、問題が解決したわけでもないのに何だかスッキリしますよね

時には人に話しただけで、どうでも良いことで悩んでいたような気さえしてきます

時々、夫も夫の両親への不満をこぼします

あまり愚痴を言わない方ですが、舅に対して色々と思う事があるようで不機嫌な時どうしたのか聞いてみると不満を抱えていたりします

毎回愚痴の内容は決まっていますが、夫の両親と同居を始めた頃から、そう愚痴るのも仕方がないよね〜と納得しなが聞いています

夫も私も夫の両親に対して不満を抱えるポイントが一緒で、同じ様に感じているんだと思います

しかし、不満のポイントは同じでも私が夫の両親に対して一緒に愚痴を言うのは良くないようです

親の悪口は聞きたくないもの

夫と結婚し二世帯住宅で夫の両親と同居をしていて、一緒に住みだした頃から舅は何かあると夫と私に同じ事を言うようになりました

ある意味『嫁だから』と区別することなく夫と同じように扱われているので、家族として認めてくれているのかもしれません

しかし、同じ様に扱われると夫と同じ様な愚痴が出てきます

夫と同じ内容の愚痴だからと、つい夫に義両親の愚痴を言ったことがありました

夫がいつも言っている愚痴だから、てっきり同意してくれるものだと思っていましたが、夫は微妙な空気を出しつつ黙ってしまいました

でも、当たり前のことですよね

自分の親の悪口を聞いて良い気分になる人なんていません

どんなに自分が親の悪口を言っていたとしても、他人から言われると嫌な気分になるものです

愚痴より改善策


愚痴を言いたくなることって毎日の積み重ねが多いですよね

なかなか言いたいことを言えなかったり、言っても上手く伝わらなかったりする相手で、嫌だなぁと感じる部分をちょくちょく目にしてしまう

またか…と言いたくなることが愚痴に出やすいです

私の場合は、義両親に対して子供にお菓子をあげ過ぎている、ドアの開閉がうるさいなどがあります

もっと辛辣なことも当然ありますが、愚痴は相手に直して欲しいポイントでもあります

なので、夫には愚痴として伝えるのではなく『もっと、こうしてくれたら良いのにね』と改善策として言うようにしています

私にとっては愚痴を言っているようなものですが、夫にとっては私からのお願い事となっています

夫が義両親に伝えるかどうか、そして伝えたところで直るかどうかは分かりませんが、言うだけで夫には理解してもらえます

全く関係の無い誰かに愚痴を言うのが1番良いですが、旦那様にどうにかして欲しい!と愚痴を言いたくなる事もありますよね

大事な人と大事な人は仲良しがいい

ある人が『好きな人が、自分の好きな人を好きでいてくれると嬉しい』と言いました

この言葉にすごく納得しました

自分の両親とパートナーがお互いに仲良くしている時って嬉しいですよね

夫の立場として妻側からの両親への不満を聞きたくないのは当たり前ですが、逆も当然で両親から妻の悪口も聞きたくないはずです

お互いに愚痴を言わないでいれたら1番良いのでしょうね

しかし、どんな人柄だとしても関係を築いていかなければならない相手ほど愚痴を言いたくなるものだし、誰かに間には入ってほしいし愚痴を聞いて欲しくなります

夫婦間、家族間の関係がギスギスしないようバランスを取っていけたらと思います

読んでいただき、ありがとうございます

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen + 12 =