離婚をした事は人に言いにくい?伝え忘れて気まづい思いをさせる


離婚を経験すると、誰かと知り合った時すぐに『バツイチ』と言うかどうか悩むことがあります

出会い方や相手の人柄、会話の流れやタイミングにもよるのでしょうけど、私のようになかなか言い出せない人も多いのではないでしょうか?

最近は離婚をする人も多くなり、昔よりまわりで『離婚した』という話を聞くようになったように感じます

それでも私の気持ち的には基本的には『言わない』で、必要がある場合にだけ言うようにしています

『言わない』が基本になっているせいで、去年弟が結婚をしたのですが、友人でもある義妹に言い忘れていたことに気が付きました

離婚歴だけであれば言う必要も無いのかもしれませんが、私の場合は元夫との子供がいるので身内になったとなると他人事ではありません

スポンサーリンク

説明と同情

『そうなんだー!最近は多いしね〜』

離婚経験がある事を話すと、ありきたりな返事が返ってくることが多いですが、理由を聞いても大丈夫?的な雰囲気が漂うのが嫌です

離婚の理由や経緯を話すのが面倒だし、同情されるのも何だか違うし、長く付き合いがあるかもわからない相手と微妙な雰囲気を共有することも無いと思います

何より、私自身が離婚をしたことで嫌な思いをした事もあり、離婚にマイナスイメージを持っています

離婚を経験したことが無い人も、あまり良いイメージは持っていないのでは無いでしょうか?

人生に失敗した

離婚をするのは我慢が足りない

不幸

離婚も含めて自分なのに、自分という人格より先にマイナスイメージを持たれたくないと思う部分もあります

信用出来ない人には言わない

離婚を経験したという事は事実で、言ったとしても何ら変わず受け入れてくれる人もたくさんいることでしょう

でも、嫌な思いもしてきたから興味本位な人や軽い付き合いだけの人に言う必要も無いと思っています

言う必要があったとしても、理由は当たり障りの無い『性格の不一致』と一言で終わらせます

辛い思いもしたし、何度も泣いてきました

その話をするのは重いし暗いです

傷付いてきた分心無い言葉を貰った場合のダメージが大きそうで『言わない』という選択を取りやすいです

・離婚は悪いこと?離婚や子供を引き取らなかった事に心無い言葉をもらう

最初が肝心な時も


タイミングが無ければ離婚歴のことは話さない私でも年月が経つうちに話すことに抵抗が少なくなってきています

しかし、タイミングがあれば話すけど無ければ話さないスタンスは変わりません

話すタイミングが無く何年も言わないまま…なんて相手もいます

日が経つほど今更感が強くなり、なかなか言い出せなくなってしまいますね

義妹の場合も知り合って何年も経ちますが、話してなくて弟が元夫の元にいる子供の話をして知ったようです

言わなかったわけでも、言いたくなかったわけでもなく、言うタイミングが無かっただけなんですけどね

弟がサラリと言ってくれて助かったと思いました

・『バツイチ子持ち』いつ伝えるのが良い?

オープンな方が生きやすい

離婚をしたことを言いにくく思う人もいれば、サラリと軽く言ってしまう人もいます

本音と建前があるように実際は凄く辛い思いをしてきたのかもしれません

なので離婚したことを明るくサラリと言える人は凄いと思います

それに隠すよりオープンな方が相手に気を遣わせる事も無く『もう乗り越えたんだな』と受け入れてもらえるのかもしれません

隠していることで、子供の存在も隠していることになるので子供に申し訳ないと思う事も無いし、私のように言い忘れることもありません

人付き合いにおいても、隠し事があるのと無いのでは付き合い方も違うかもしれません

離婚をした事も今の自分を成すものだし、オープンに話すことで自分らしく人付き合いが出来るのではないかと思います

読んでいただき、ありがとうございます

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four + 12 =