再婚後の家族旅行に元夫との子供も一緒にお出かけ!夫の承諾は緊張の一瞬!?


夫と娘、元夫の元で暮らす娘と遊園地へ行きたくて旅行の計画を立てました

離婚や再婚をしても子供を大事に想う気持ちは変わらないものですよね

逆に申し訳ない気持ちと普段一緒にいないが故に出来る限りのことをしてあげたいと思ってしまいます

一緒に旅行をするには微妙な関係なので当然計画をする前に全員に承諾を得ました

夫との娘は、元夫との子供であるお姉ちゃんが大好きなので問題は無いのですが、夫と長女の間で気を遣い合うので2人に一緒でも良いか聞く必要があります

娘は妹がいること、行き先が遊園地であることもあり『行く!』と即答してくれました

そして、夫には緊張しつつ上の子を一緒に連れて行っても良いか聞いてみました

スポンサーリンク

ダメと言われなくても緊張の一瞬

元夫は夫と会っても平気だけど、夫は元夫には会いたくない

なので夫と元夫が会わないような配慮は当然するので会うのは上の娘だけですが『会わないように、どうやって預かるの!?』そんな反応をされました

何でソコを心配するの?とも思いますが、夫のなるべく誘わないで欲しいという気持ちの現れではないかと思います

返事を聞くまでは『駄目って言われたらどうしよう!?』ドキドキの緊張の瞬間でした

本当に駄目な時は駄目と言う夫ですが、大抵は『いいよ』と言ってくれるので『夫は優しいからダメと言わないだろう』そんなズルい打算もあります

私には今の家族を大事にしなければと思いながらも、元夫との子供にも色々としてあげたいという矛盾した気持ちがあります

しかし、夫にとって家族はひとつであり、その家族を大事にしてくれているのが分かるからこそ私は緊張しながら頼むのかもしれません

夫の家族

結婚した相手に子供がいる

子供と一緒に住んでいれば我が子と思える瞬間がくるかもしれませんが、別々に暮らしていて時々会うだけ

相手の子供第一の気持ちを理解し『会わないでほしい』とも言えず、夫にしてみれば何とももどかしい瞬間が何度も起きているのではないかと思います

私がどんなに子供たちを大事に想っていても、夫の家族の枠組みに元夫との子供たちは入りません

なので既に立てていた家族旅行に元夫との子供を参加させるのではなく、最初から参加することを前提に計画を立てるようにしています

大した違いではないように見えますが『家族旅行』を楽しみにしている夫にとっては、後から元夫との子供が参加する事は快く思えない部分もあると思います

自分が仕向けても尊敬に値する


『駄目なんて言わないだろう』なんて打算的に自分で仕向けていても、理解を示してくれた夫にとても感謝の気持ちを感じました

そして旅行の間も子供たちが楽しく過ごせるように分け隔てなく接してくれたり、上の子と私が長く一緒に居れるように気を遣ってくれていました

パートナーが別れた相手との子供を大事に想っていることは理解していても、協力的な態度を示すことが出来る人はなかなかいないのではないでしょうか?

娘には娘の家族があり、夫には思い描く家族があります

その間を行ったり来たりしているような私に『そうしたいんでしょ』と、側に居てくれる夫の心の広さに今更ながら凄いなと思いました

再婚後の家族と子供

私には今の家族と、元夫との子供たち、どちらかを優先するという感覚はありません

子供たち全員がなるべく寂しい思いをしないように、甘えたい気持ちを我慢しないようにと思っています

元夫はインドア派で子供たちを連れて出掛けるという事をしません

大人になれば自分たちで好きな相手と、好きな場所へ行くことも出来ます

しかし、子供たちが私に会いたい、一緒にお出掛けがしたいと言ってくれる間は、子供たちだけでは行けない場所へ連れて行ってあげたいし、そこで色々な経験をして欲しいと思っています

我ながら欲張りだなぁと思いますが、子供たちのことを考えた上で、今の夫との家庭も大事にしていけたらと思います

読んでいただき、ありがとうございます

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です