嫁VS姑!?嫁姑の不仲の原因は被害妄想が原因?


嫁姑の関係を『大変そう』、上手くやっていくのは『難しいそう』と思う人は多いのではないでしょうか?

お姑さんとお嫁さん、2人は仲良くなれるはず!!と信じて疑わないのは2人を知る旦那様だけではないかと思います

信じているからこそ関係を取持ち上手くいくように動いてくれる旦那様もいることでしょう

上手くやっていきたいと思っているのはお姑さんもお嫁さんも同じですが、今まで他人だったのに急に仲良くなれるのは稀ですよね

大抵は旦那様と結婚していなかったら会うことも無かった相手で、模索しながら関係を築いていくものです

スポンサーリンク

良い嫁、立派な嫁、姑に負けたくない

何故か旦那様の家族には『良い嫁』『気の使える嫁』と思われたいものです

何ならお姑さんよりもしっかりした『嫁』になりたいんです

根底には義家族に『気に入られたい』という気持ちがあるからかもしれません

でも、当たり前ですよね

旦那様の為に両親や家族と仲良くなりたいと思うのは当然だし『あなたがお嫁さんに来てくれて良かった!』と認めて欲しいものです

実際は何も頑張らなくても家族の一員として認めてくれるのかもしれません

しかし、義両親が喜んでくれると仲良しへ一歩前進した気がするんですよね

仲良くなりたい、認めてもらいたい一心で心がきつくなっても『良い嫁』をやってしまう人は多いのではないでしょうか

姑フィルター!姑は嫁を嫌うもの?

世間一般にお姑さんというとお嫁さんに対して厳しく強引なイメージが強いですよね

実際はそうでもなく、お嫁さんの事をきちんと考えてくれる良いお姑さんもたくさんいらっしゃいます

しかし、厳しいイメージを持っている人が多く、お嫁さんの立場としては最初から身構えてしまうこともあるのではないでしょうか?

確かに、お姑さんとしても家族として言うべき事は言いたいだろうし踏み込んだ会話をしてしまうこともあるかもしれません

仲良くなる前にグイグイと自分のスペースに踏み込まれると『やっぱり姑ってこんなものかも…』と感じてしまうかもしれません

ちょっとだけ歯車が狂うと義家族の為に頑張っている分だけ『こんなに頑張っているのに!』と嫌になります

しかし、これが『お姑さん』という立場の人でなければ意外と平気だったりすることもあるんですよね

上手くいかない相手もいる


人付き合いで、やっぱり上手くいく人もいれば生理的に合わない人だっています

お姑さんにとってお嫁さんは大事な息子を想ってくれる人と思ってくれたら良いのですが、中には可愛い息子を奪った相手!

息子は、お嫁さんより親である自分を大事にするべき!

お嫁さんに負けたくない!

そういったマイナス感情を持ってしまうお姑さんもいるようです

お姑さんがお嫁さんに敵対心を持っていたり、お嫁さんがお姑さんを苦手だと思っていたりお互いに上手くいきにくい関係もあります

自分は仲良くしたいと思っていても、相手がそう思っていなかったら関係を築いていくのは難しいですよね

h2>壁を作らない

どうしても上手くいかない関係はあるものですが、なるべく仲良くなりたい!良い関係を築いていきたい!と思うのではないでしょうか

人は対人関係で、自分に対して壁を作られると何となく感じてしまうものですよね

相手の事をよく知らないうちから『姑だから』『嫁は』と先入観を持ってしまうと、上手くいくはずだった関係も上手くいかなくなってしまいます

身構えて自分が壁を作ってしまうと、相手も壁を作ってしまい仲良くなれないかもしれません

相手も1人の人間です

『お姑さん』だから『お嫁さん』だからと考えず、1人の人だと思って付き合うと上手くいく可能性が高くなるかもしれません

読んでいただき、ありがとうございます

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です