二世帯住宅で同居!リビング2つは必須条件?リビングを分離した方が良い理由

317a6c325389238f90595ce617c32947_s
一部共有の二世帯住宅を立てる場合、トイレやお風呂、キッチンや玄関などどの部分を共有にするのか悩みますよね

資金や土地の広さなど、可能であれば2つずつあった方が義両親とお嫁さん(お婿さん)の摩擦も少なくて済むものではないでしょうか?

一緒に住む前は『何とかなる』『上手くやっていけるはず』そんな風に考えるものです

しかし、実際に住んでみると誰しも思ってもいなかった一面を持っていたりします

リビングは家に居る間のほとんどの時間を過ごす場所で、住む人皆がリラックス出来る空間であった方が良いですよね

スポンサーリンク

リビングが共有のメリット

リビングが共有で最大のメリットは家族団らんが親世帯と子世帯で一緒に取れることだと思います

毎日顔を合わせて会話をするだけで安心に繋がりますよね

子供が生まれると家族皆で子育てが出来るし、相手の生活が見えるのでお互いに協力がしやすくなると思います

また、1つのリビングにお金を掛けれますので、それなりの広さで満足のいくものが作れるのではないでしょうか?

分離させるとその分スペースを取ることになりますので、リビングを始めとして他の部屋も限られた坪数の中で広々と取ることが難しくなります

我が家の二世帯住宅はリビングが2つありますが、家の間取りを決め始めた頃の舅の理想は先に上げた共有時のメリットの部分だけを見た生活だったのではないかと思います

リビングを別にしてプライベート空間の確保

親世帯としては『今まで暮らしてきた中にお嫁さん(お婿さん)が入ってくる』そんな感覚の方が多いのではないでしょうか?

我が家を建てる際の資金は義両親に援助してもらっていませんが、それでも『嫁が入ってくる』感は凄く強かったです

・二世帯住宅で同居。義両親に資金を出してもらわない方が良い理由

寝室を広めにして、リビング兼寝室にする事もありですが、私としては『寝室だけが唯一くつろげる空間』そんな家に住みたくない!!と思いました

知り合いに旦那様の両親と同居していて、家に早く帰りたくないから残業をして帰り、残業が出来なければ寄り道して帰るという方がいらっしゃいます

ちょっと極端な例ですが、せっかくの自分の家が帰りたくない所になるなんて嫌ですよね

両親と一緒の家族団らんも楽しいですが、夫と子供と私だけの家族団らんもしたいと思いました

また、お客様を招く場合もリビングが別だとお互いに気兼ねなく招くことができます

たとえキッチンが共有で食事が一緒でもリビング別は考慮の価値ありだと思います

リビング共有は実の親子関係にも影響する

f2af3835443ac729f2b79094bc7c1356_s

普段は何事も無く暮らせていてもお互いに仕事が忙しかったり、体調が良く無い時などカリカリしている時に顔を合わせないで済むスペースがあるのは助かるものです

これは義の付く関係だけでなく、実の親子でも言える事では無いでしょうか?

我が家の舅と夫の関係は微妙なもので、仲が悪いわけではないのですが、舅の言い方に夫がイライラする事がよくあります

また、舅と夫はテレビっ子!チャンネル争いは無いものの、夫が寝室に引きこもるのかと思うと自分の居心地よりも夫の居心地を考えてリビングを別に作る事にしました

しかし、リビングを別にした事で私達世帯だけでなく、義両親も自分たちのリビングを好きな様にインテリアを配置しくつろげる空間を作っています

私だけでなく夫も両親と適度な距離を置くことが出来ていると思います

一緒に住む人の関係性を重視する

リビングを別にする事は、義両親との摩擦が起きにくくする為のものであり、結局は一緒に住む人達の関係性が大きく影響するものです

義両親と何でも言い合える仲の良いお嫁さん(お婿さん)であったり、間を取り持つ事の出来る人がいたり、全員が同じリビングでも支障が無ければ共有で良いと思います

義両親は凄く良い方たちですが、私は自分の性格上『気を遣わなくて良い』と言われても、気を遣う事は分かっていたのでリビングは別に欲しいと考えていました

我が家は夫も同意見だったのでスムーズに話を進めることが出来ましたが、『リビングは一緒でいい』という意見があったり、資金や土地的な問題がある場合は難しい事もあると思います

しかし、一生住む事になるかもしれない家です

二世帯住宅にしても、完全同居にしても、一度『一緒に住みだしたら、どんな生活になるのだろう?』と想像してみると良いと思います

不安な部分は家を建てる前にしっかり話し合い、どうしても無理な場合は白紙に戻す気持ちも必要かと思います

『同居』にはたくさんの人の気持ちが混ざり合うもので、自分の意見が通りにくい場面も多々ありますが、みんなが住みやすい家になればと思います

読んでいただき、ありがとうございます

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です